トップ > 学校案内 > 校長挨拶、沿革

校長挨拶

校長挨拶学校沿革

 

校長 橋本 敏弘

中学生の皆さんへ

 五条高校は、地元の皆さんのご支援によって昭和47年に設立され、今年で47年目を迎えた学校です。開校以来、「誇りある学校」、「希望をみたす学校」、「心のふるさとたる学校」を目指してその実現に努力し、県内でも有数の進学校としてその実績を誇っています。

 本校の開校以来の特色は、何よりも先生たちの情熱あふれる指導と生徒たちの懸命に努力する姿です。この二つが本校の「校風」を形成し、この二つの着実な実践が本校の「伝統」となっています。学習だけでなく、部活動、学校行事など、本校のすべての教育活動にこの校風と伝統がみなぎっています。

  65分授業により、充実した授業展開をし、「力をつける授業」を目指しています。また、PTAのご支援によって、1年を通じて学習に集中できる環境が整備され、学習に専念することができます。

  本校の魅力として、①「徹底した学習指導」、②「充実した教育環境」、③「ひとり一人を大切にする教育」の三つをあげたいと思います。

 ①「徹底した学習指導」とは、
先生たちの授業に対する徹底した取り組みはもちろんのこと、生徒の質問には、「いつでも、どこでも、どれだけでも」を合言葉に、優秀な先生たちが連携して指導に当ることを意味します。

 ②「充実した教育環境」とは、
施設設備のことではありません。熱心な先生、明るく元気で礼儀正しく何事にも真摯に取り組む仲間たちがいること、そして後輩を思いやる優しい先輩たちと交わりながら、充実し落ち着いた高校生活を送ることができるということです。 

 ③「ひとり一人を大切にする教育」とは、
学習と生活のいずれにおいても、高校時代にひとり一人が抱える課題について、学校としてできる最大限の援助を惜しまない手厚い指導を行うことを意味します。

 将来の夢の実現に向けて、五条高校で自らを鍛え、国際社会に生きる人間としての基礎づくりをしたいと思う人たちが、本校の歴史の一ページを飾ってくれることを心から願っています。

校長挨拶

校長挨拶学校沿革

昭和46年

9

5

敷地造成工事完成

12

21

新校地「愛知県西春日井郡清洲町,
海部郡甚目寺町地内」に決定

昭和47年

1

27

校章制定
校章は校名「五条」の小篆文字と
高校の「高」を組み合わせ図案化

3

24

新校舎第1期工事完成

4

5

第1回生甚目寺町立甚目寺中学校において入学式・始業式を行う

6

1

新校舎第2期工事完成

6

11

本校において開講記念式典挙行

昭和48年

3

31

本館,武道場完成

昭和49年

10

15

体育館兼講堂完成

昭和50年

2

8

校歌,校旗制定式挙行

昭和54年

3

24

新校舎完成

昭和55年

1

21

新校舎増築工事完成

昭和56年

6

24

創立10周年記念式典挙行

平成3年

10

30

創立20周年記念式典挙行

創立20周年記念植樹

平成13年

11

1

創立30周年記念式典挙行

松本 憲宜氏(第4回生)作
創立30周年記念モニュメント
YURAGI

平成22年

3

20

弓道場「緑風館」完成        

平成23年

11

2

創立40周年記念式典挙行